シミを治療して美しい顔へと変身~老化防止の対策術~

ドクター

現在の皮膚医療

整形治療

あざを治療する場合には、最初に病気の可能性を否定することが大切です。白血病や皮膚の病気との鑑別には特に注意を要します。レーザーを備える医療機関を選ぶことで、高度なあざの治療を受けることが可能です。また、麻酔を使用する医療機関であれば痛みも軽減することが出来ます。

» 詳細へ

疲れた顔から脱出する

鏡を見る人

疲れた顔に見られるクマも、美容クリニックなら手軽に改善できます。エステ感覚で受けられるケミカルピーリングやイオン導入は、クマ対策だけでなく美肌全般に効果的です。また、レーザーやラジオ波などの照射系治療もダウンタイムが少なく、様々なタイプのクマを消してくれます。

» 詳細へ

予防と消し方

中年女性

紫外線とターンオーバー

シミは「予防」するのと「消す」のではまったく対策法が違います。できてしまったシミを「消す」よりも、「予防」するほうが簡単です。シミの原因のほとんどは「紫外線」です。紫外線がメラニン色素を発生させ、それがシミとなります。つまり、紫外線対策さえしっかりしていれば予防できるのです。「ターンオーバーを整える」こともシミ予防になります。一見何にもない綺麗な肌でも、表皮の下に沢山のメラニン細胞が発生していて、シミになるのを待っている状態です。しかし、ターンオーバーが正常に機能していれば、角質と一緒に排除されます。ターンオーバーは良質な睡眠を取り、適度な運動をしてストレスを溜めないことで整えることができます。

病院で消す方法

できてしまったシミを「消す」には、美容皮ふ科でレーザー治療、光治療、外用薬治療などを受ける必要があります。治療法についてはシミの種類ごとに合う合わないがあり、治療にかけれる予算や期間を考えながら、お医者さんと相談して決めていくことになります。紫外線やターンオーバーの乱れが原因でできる「老人性色素斑」という種類のシミにはレーザー治療が効果的です。年季が入ったがんこなシミも、レーザーを照射して消すことができます。フォトフェイシャルなどの光治療は、頬骨あたりに細かく広がるそばかすに適しています。レーザーよりも照射範囲が広く、照射深度が浅いのが光の特徴です。その分治るまで時間がかかりますが、肌に優しいので繰り返し照射できます。

美容手術を考えます

美容整形

若々しい容姿は、美容において重要な要素になっています。目元の印象は対人関係に大きな影響を与えるので、高齢者を中心に眼瞼下垂の治療を希望する人が増えています。一定のリスクは残りますが、症状次第で保険の適用を受けることができます。

» 詳細へ